日本人に合う美容法とは?

外国人は、日焼けをしていなくてもブロンザーといって日焼けをしたように見せるメイクをしたりして健康美に見えるようにめざすタイプのひとが多いですが、それとはちがって日本人は外国人に比べても美白にこだわっていることが特徴で、つねにシミやそばかすには敏感であるひとが多いです。
そんな日本人にとってお美容法といえばやはり美白ケアはかかせません。
美白にとって大敵なのは紫外線によるダメージでできてしまう日光性色素斑というシミばかりではありません。
ほかにもそばかすやホクロの種類ではあるものの色がうすくシミのように見えているもの、そして脂漏性角化症とも呼ばれるイボ、そして毎日の生活の中の摩擦やひっかき傷などによってできてしまう炎症後色素沈着というものなどが白く透明感のあるお肌にとっては避けたいものです。
紫外線をあびることによってできるシミであれば、それに対する美白方法の最適なものは原因である紫外線を徹底的にカットすることなので、毎日のメイクをしているときも、紫外線のカット効果がある下地をつかったりファンデーションに紫外線防止効果あるものを選んだりすることが大切です。
それでもできてしまったシミにたいしては、クリニックに行って受ける美容法もあり、たとえばフォトブライト治療や炭酸ガスのレーザーなどが効果的です。
また、レーザーなど医療機器にたよらない美容法としては、塗り薬による治療もクリニックでは受けることができます。
塗り薬でのケアというと、自宅でもスキンケアをしているので大丈夫、と思うかもしれませんがやはりクリニックでもらうクリームや塗り薬には市販のスキンケア用品よりも高い濃度で美容成分が配合されているのでおすすめです。

日本女性と海外女性、肌質の違い

日本人女性は、元々肌のキメが細かいので卵のようなツルンとした肌質といえます。
肌表面に凹凸が少ないため光を反射しやすく、肌がカメラのレフ板となることで、明るく艶のあり印象を与えます。
海外の女性は若い頃はキメが細かいですが、年齢を重ねると肌表面の凹凸が目立つようになり、キメが粗くなります。
肌質に違いをもたらしているのは、気候の影響です。特に欧米では乾燥した気候なので、角質層の水分量が少なく乾燥肌が多いです。
しかしそれは通常の肌のコンディションであるので、乾燥が原因で美容に悩むことはありません。
日本人女性は水分量が多いのが普通で、四季の変化によって水分量が左右されやすいので、肌も敏感になっています。
また日本人女性は角質層が非常に薄いのが特徴です。角質層は刺激から肌内部を守ったり水分が蒸発するのを防いだりする作用があります。
日本よりも寒い地域に住む人は、寒さや乾燥への対策として角質層が分厚いです。しかし水分量が少ないので、古い角質が落ちにくくてガサガサした肌になります。
そこで、ケミカルピーリングなど刺激の強いスキンケアを行います。日本人女性は海外の美容法を真似すると、薄い角質層を傷付けるので逆効果となります。
ヨーロッパで使われる硬水は肌を乾燥させるので、メイク落としではクレンジングオイルを拭き取るだけが主流です。
しかし日本人女性が軟水で同じことをすると、角質が肥大化して毛穴が目立ちやすくなります。
よって汚れや皮脂はしっかりと洗顔する必要があります。
またメラニン色素の生成が盛んなので、透明感を維持するためにはビタミンC誘導体などの美容成分を含んだ化粧品を使います。
シミやくすみのできやすい夏以外でも、年間を通して使うと良いです。

地域環境による肌質の変化

同じくらい美容に対する意識の高い人であっても、住んでいる地域環境によってお肌の状態にはかなりの差がでてきます。
よく秋田美人といいますが、その言葉どおり、秋田のように高い緯度の場所にあり日照時間も少なく、紫外線にあたる機会も短い地方のひとは、お肌へのダメージも最小限に抑えられるのでシミやシワもすくなく、まさに美人が多いのです。
ですから秋田美人とは言葉だけではなく科学的な裏付けもできる言葉なのです。
一方で紫外線も強く熱い南の地方だと紫外線ダメージをたくさん受けてしまうため、シミも多いですしシワも深くなるといわれています。
美容ツウの間では有名な写真があり、顔の半分だけシワがひどいという写真ですが、この原因は車に乗っていて顔の半分だけに紫外線を浴び続けたドライバーの顔の写真なのです。
ですからシミもシワも防ぎたいなら、紫外線による光老化がいちばんこわいものなので、とにかく日焼けを防ぐことだ美容にとっては第一です。
とはいえ、住んでいる地域をいきなり美容のために変えるわけにはいかないひとがほとんどでしょうから、あとはスキンケア化粧品やサプリメントなどで対策をとっていくしかありません。
最近ではサプリメントの効能も上がってきていて、効果が高いものは口コミでもすぐに広がり公式サイトでも手に入らないものもあります。
たとえば果物を日持ちさせるために使われた成分を応用しているポーラのサプリメントは、入荷したとしても数点で手に入れることがとても難しくなっています。
人気のサプリメントは手に入らなくてもビタミンCやシステインなども日ごろからとっておけば新たなシミの発生を抑えられるので美白をしたいひとにおすすめです。
■痛みがなくておすすめ
レーザー脱毛
■通販で手軽にまつ毛育毛
ルミガンを買うならクリニックよりも通販で
■人気のプラセンタを使って自分の美容スキルに磨きをかけましょう
プラセンタ 効果